2021.04.18 荒船山 西上州のテーブルマウンテンを立岩から周回

コースタイム

立岩から周回
00:00登山口 -5分-0:05立岩直登コース分岐 -1時間-1:05立岩のコル -30分-1:35西立岩 -50分-2:25不動下降点 -40分-3:05立岩分岐 -25分-3:30巻き道分岐 -20分-3:50経塚山(行塚山) -10分-4:00経塚入口 -25分-4:25相沢分岐 -5分※-4:30艫岩 -6分※-4:36相沢分岐 -25分-5:01経塚入口 -10分-5:11頂稜入口 -5分-5:16星尾峠 -30分-5:46左岸コース分岐 -45分-6:31荒船山分岐 -40分-7:11立岩直登コース分岐 -5分-7:16登山口

List   

Information
Click following button or element on the map to see information about it.
Lf Hiker | E.Pointal contributor

荒船山   

Profile

50 100 150 200 5 10 15 Distance (km) Elevation (m)
No data elevation
Name: No data
Distance: No data
Minimum elevation: No data
Maximum elevation: No data
Elevation gain: No data
Elevation loss: No data
Duration: No data

7時間16分

ヤマプラで見る


駐車場

線ヶ滝駐車場

マップコード 292 046 146*73

下仁田IC から 24.4km 49分

マピオン地図で見る


温泉

しおじの湯

http://www.uenomura.jp/tourism/play/shiojinoyu.html

マップコード 665 549 173*76


GPSログ



登山記録


荒船山に行ってきました
立岩からの周回です
風が結構強く、艫岩の上に来た時は吹き上げてくる風で飛ばされてしまいそうでした

7時半ごろ線ヶ滝駐車場に到着
一番乗りでした

7:55 登山開始

まず渡渉します

駐車場から50mでドボンしないように

立岩に向かいます

上空では強い風がゴーゴーと吹いてる音がします

怪しげな岩峰が見えてきました

コルに続く斜面

ここを登ってる途中でプチ滑落

土に半分埋まっていた石に足を乗せたら土が崩れて石ごと落ちました
下を登っていた山トモさんを巻き込んでしまいました
ごめんなさい

そんなこともありながら

8:45 よく見る岩の斜面

ここを登ると、岩峰の取り付きに

どう登るのかな?って見てみると、巻いていく道があります

岩峰の裏側に回ると、普通の斜面で登れます

8:55 岩峰の上から

次の岩峰

これもどうやって登るんだろう?って近付くと、巻いていく道があります

裏側からは普通の斜面です

岩峰を登ったところから

風はありますが、いい天気です

少し歩くとベンチがあったので一休み
山トモさんが持ってきてくれた生大判焼きで一息入れます

休憩終わってちょこっと歩くと

9:20 西立岩山頂(笑)

ここにもベンチがあるので、ここで休めばよかったです

進みます

9:35 ちょっと大変そうな岩峰

見た感じは難しそうですが、登ってみるとそうでもないです

その後もアップダウンを繰り返し

10:40 経塚山

足元に置いてあったプレートには荒船山の文字がありましたが、地図で見るとまだ先がありそうなので、「有名な山に便乗してるな」なんて思いながらなんとなくスルー

少し下ると、経塚入口分岐に到着
平らでなだらかなところだなーって思いながら歩いていました

ふと地図を見ると
ここってもう荒船山じゃん

ってことは、さっきの経塚山って荒船山の一番高いところ?

後悔してもしかたないので先に進みます

その先も平らな道を進んで行きます

11:05 艫岩

覗き込んではいけないと張り紙はたくさんありますが

覗き込んでしまうのは人の性なのでしょうか

吹き上げてくる風が猛烈です
落ちたとしても手足を広げたら飛べそうな勢いです

近くに小屋があります

トイレは閉鎖されています

ここで昼食にしようかと思いましたが、風があって寒いので風のないところまで進むことに

11:30 経塚入口

この辺も風があるので星尾方面に下ります
星尾峠から威怒牟幾不動方面へ
ピンクテープはこれでもかっていうくらいあります

11:55 ちょっと下ると風のないところがあったので昼食休憩

本日のメニューはアスパラとウインナー炒めとナンのチーズ挟み

山トモさんが作ってくれました
ウマウマです
感謝!

40分ほどのんびり休憩して行動再開

少し下ると土砂崩れの跡なのか、少し荒れたところにきました
その辺を歩いてるうちに、テープと踏み跡を見失ってしまいました

所々に薄い踏み跡ととテープもありましたが、国土地理院の登山道からは離れていきます

GPSを頼りに登山道への復帰を試みますが、荒れた斜面で苦戦します

なんとか地図上で登山道が書いてある位置まで登ると、しっかりとした踏み跡のある道がありました

それ以降は快適に進んでいきます

13:35 分岐

今日は結構歩いたし、それなりの時間なんでそのままスルーしようかと思いましたが、山トモさんに
どうする?
って聞くと、満面の笑みではにかみます

見たいんでしょ?
って聞くと、小さく頷きます

ってわけで威怒牟幾不動を見に行くことに

少し登っていくと、結構な高さの滝が見えてきました

岩壁の途中の窪みに社があって、その岩壁の上から滝が落ちてます
これはなかなかすごいです

社のところまで行くと滝の裏側に入ります

風向きによって水の落ちる位置が変わりますので注意です

いいもの見ました
来て良かったです

いい寄り道をして下山再開

最後にドボンしないように気をつけて渡渉して
14:25 下山

久しぶりにこの時間まで歩いた気がします
結構疲れました

このあとはしおじの湯であったまりました

登山記録メニューへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西上州(2019年版) 妙義山・荒船山 (山と高原地図)
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/8/16時点)

コメント

  1. 匿名 より:

    とも岩から落ちても羽がないから飛べませんよ(〃ω〃)

  2. saku より:

    いや、ホント
    吹き上げてくる風は凄かったよ

タイトルとURLをコピーしました